複合機を中心とするドキュメントビジネスは、ハードビジネスからアプリケーションを含めたソリューションビジネスへと移行している。リコージャパンは、複合機にソリューションを乗せたビジネスを2007年から実施。ほぼ10年、ノウハウを積み上げてきた。