「SIにおいて『納品して終わり』は損をしている」が、スカイの河村正史代表取締役の持論である。導入した業務アプリケーションによって、「ユーザー企業がしっかりと業績を伸ばせるよう支えるほうがビジネスとしては重要」だと説く。ユーザー企業の売り上げや利益が増えるよう、継続してデータの分析やシステムを手直しをする。成果が出れば、ユーザー企業はほぼ必ずといってよいほど追加のシステム投資を行い、結果として「初期投資の2倍、3倍のビジネスボリュームになる」と話す。(取材・文/安藤章司)