国のIT政策を読む 現実と理想の壁

<国のIT政策を読む 現実と理想の壁>[第9回]自動運転のカギは「採算性」 「商用車」と「マイカー」を分けて考える

2019/10/16 09:00

週刊BCN 2019年10月07日vol.1795掲載

 国の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)では、「自動運転」の課題解決に取り組んでいる。2018年度までの5カ年は主に技術的な課題を取り上げ、18年度から22年度までの第二期では、ビジネス的な採算性などを含めた「社会的受容性」の課題をメインに位置付ける。内閣府がとりまとめ役となり、国土交通省や警察庁、総務省、経済産業省、文部科学省などが参加している。18年度は一期と二期が重なっている。(取材・文/安藤章司)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1