5G(第5世代移動通信システム)のサービスを始めとして、デジタルビジネスの「第二幕」が開幕する。この第二幕では一般企業や医療、自治体、製造、金融機関など幅広い業種で、専門性が高いデジタルビジネスが立ち上がる。専門性の高さとデジタルをうまく融合させることで大きな利益を手にする企業が一段と増えると予想している。既存のビジネスを、5Gデジタル時代に合わせて転換するデジタルトランスフォーメーション(DX)が本格化するという意味で、キーワードは「DX第二幕」とした。

此本臣吾
会長兼社長

 4G時代は、いわゆるGAFAと呼ばれる少数のトップ企業が世界数十億人のデータを取得し、インターネット黎明期には存在しなかった巨大なデジタルビジネスを立ち上げた。5G時代には、既存のビジネス領域においても、規模は小さいながらも高度で、専門性のあるビジネスが花開く。GAFA型の地球規模のビジネスとなると、米国や中国の企業に分があるかも知れないが、業種や業務の領域は日本企業がむしろ得意とするところだ。

 一方、経営者にとってのDXとは、「新しい成長の力を手にすること」とほぼ同義である。また、客からの目線で見ると「新しい体験」や「消費者余剰(お得感)」「ワクワク感」に相当する。従来のSIビジネスに比べ、経営戦略やビジネス戦略の比重がより大きくなるのがDX関連ビジネスの特徴だと言える。

 DX第二幕では、ユーザー企業やその先にいる顧客が期待する「稼ぐ力」や「新しい体験」を創り出していくことでDX関連のビジネスを大きく伸ばす。