グループの長い歴史の中で、当社は一貫して保守事業を続けてきた。今後変革を進める中でもその根幹は変わらない。そして、だからこそ当社の社員には高い技術力が蓄積されていると考える。

石野 誠
社長

 近年ではグループが提供するハードウェアのほかに他社製品の保守サービスを展開、外販の比率を上昇させ安定的に成長している。マルチベンダーでありながらも、全国の拠点を生かした迅速な対応が強みになっているほか、営業についても外販を意識したリソースマネジメントにより増加するボリュームに対応できるようになっている。グループ全体がサイバーフィジカルシステムを中心としたビジネス変革を進めていく中、その下流工程を担う企業として親会社のビジネスを下支えし、外販によって自らも成長していく道筋ができつつある。

 一方で、単なる保守事業は今後先細りしていくことは自明の理となっている。今年はさまざまなパブリッククラウドベンダーが展開する資格プログラムに参加し、社内のリスキリングを進めている。ハードウェアだけでなくクラウドを扱うスキルを身に付け、“マルチタレント企業”として今後のビジネス環境の変化に順応していきたい。

 これまで当社は高い技術力と高品質なサービスを顧客に提供し続けてきたが、改めて市場における自身の価値を再定義する意味でも、自らの技術に“矜持”を持たねばならない。自信をもって顧客にサービスを提供し、責任をもって技術を磨く。矜持を胸に秘める一企業として存在感を高めていきたい。