新型コロナウイルス感染拡大によって、今まで常識とされてきた生活の概念が大きく変化している。昨年は、時間と場所を有効に活用した新しい生き方の普及を支援し、後押ししていくのはデジタル技術であることを、改めて意識した1年だった。また、企業はデジタル技術を使った業務改革と新たな価値創造に取り組み始めているが、感染症拡大はその活動を加速させ、昨年は本格的なデジタルトランスフォーメーション(DX)の時代を実感する年にもなった。

小日山 功 社長

 人々の新しい生き方、そして企業のDXに逆戻りや止まることはなく、ますます加速していくことが予想される。特に日本企業は失われた20年、いや30年を取り戻し、世界市場での競争力を復活させていくには、人々の新しい生き方を受け入れつつDXに挑み続ける必要がある。ビジネス現場をデジタル武装し、新しいビジネスモデルを創出して最終顧客に新しい価値を提供していくデジタル技術変革を「攻め」のDX、そして企業のリソースである人・物・金に関して散在している情報を統合し、経営に利活用する基盤を整備・構築していくデジタル技術変革を「守り」のDXとすれば、「攻め」と「守り」のDXをバランスよく進めることが肝要となる。

 当社グループは「市場や顧客のニーズを捉え、技術力を駆使することで新たなビジネスを創出し、お客様企業への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける」価値創造企業として、ポストコロナの時代に日本企業のDXという社会的課題に「デジタル技術」と「知」をもって挑み、日本企業の世界的な競争力再生・創出に尽力していく所存である。