2020年は、誰も経験したことがないことを社員全員で乗り越えてきた。さまざまな課題も見えてきたので、しっかりと対策を講じ、これからも顧客の期待に応えることを目指していきたい。

鈴木 浩 社長

 新型コロナウイルスの感染拡大により、消耗品の販売は落ち込んだ。一方、保守はストック型のビジネスとして安定的に推移した。全体として社内のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めてきたことが功を奏し、事業を継続することができた。

 これまで整備してきた取り組みの効果を実感しているが、さらに進めていくことが重要だ。DXについては、さらなる成長に向けて次のステージに進めることを計画している。

 現在、物流系の情報活用の準備を進めており、21年度中に実行ベースに移すことを目指している。具体的には、部品の管理について、RFIDを活用して見える化を進める。倉庫にロボットを取り入れて効率化することなども検討している。

 NEC以外のメーカーやICT機器以外の製品も対象とするマルチメンテナス事業については、引き続き注力していく。技術に加え、資格が必要となる場合もあるので、人材の育成にはしっかりと取り組む。

 21年は、基本的には成長のための地固めを進めていくつもりだ。組み立てたプランを着実に実行していけるようにして、いろいろな領域でデジタル活用を実効性のある形にしていきたい。社員が誇りを持って働ける環境をつくることも引き続き目指していく。