仮想化技術の一つ。ホストOS上にアプリケーションの動作に必要となるアプリ本体やミドルウェア、ライブラリをまとめた「コンテナ」と呼ばれる区画を作り、仮想化ソフトウェアの「コンテナエンジン」で動作させる。一般的な仮想化方式である仮想マシンは実行環境ごとにゲストOSを起動する必要があるが、コンテナはホストOSを共有して稼働できる。