現実の物理空間で集めたデータをサイバー空間上で再構成し、現実のコピーを作り出す技術。デジタル上の双子(ツイン)の意味を持つ。現実により近い空間をリアルタイムで再現できる点が特徴で、物理空間で実際に起きた、またはこれから起こりうる変化を把握することが可能となる。

 製造、建設、土木、インフラなど現場業務を中心に多様な用途が考えられる。例えば設備に何らかの異常が発生した場合、デジタルツインで設備状況を可視化していれば、異常の原因を素早く特定できる。シミュレーションにも応用可能で、デジタルツイン上で製品試作を行うことで、品質向上や製造オペレーションの効率化が見込める。