パブリッククラウドサービスを複数の物理的拠点から享受するための仕組み。ユーザーのオンプレミスに設けるプライベートクラウドとは異なり、すべての環境をパブリッククラウドプロバイダーが一元管理する点が特徴となる。ユーザーに物理的に近い地点でサービスが運用されるので、低遅延が期待できるなどのメリットがある。 

 近年ではクラウドにエッジコンピューティングやIoTなどを組み合わせて利用することが増えている。ただ、従来のクラウドは特定のデータセンターで集中的に処理を実行するため、エッジやIoTデバイスの設置場所によってはパフォーマンスが落ちる可能性がある。