【Q】フェアウェイウッドがなかなかうまく打てません。よくボールがクラブフェースのトウ側に当たるのですが、なぜでしょうか?

 シャフトが長くなると、クラブの動きをコントロールしにくくなる傾向があります。従って、アイアンよりもドライバーやフェアウェイウッドなどのウッド系のクラブの方がクラブフェースのトウ側に当たる、という人も多いでしょう。

 また、私の経験から、女性より男性にフェアウェイウッドが苦手な人が多く、ロングアイアンを好まれる人が多いような気がします。

 それでは、ナイスショットをするにはどうしたらよいか、下記の項目をチェックしてみて下さい。



【1】正しいアドレスの確認

 スイングのことは気にしても、意外に多くのゴルファーがアドレスには注意を払っていないことによく驚かされます。正しいアドレスをしていないと、ミスショットにつながること間違いなし! 図1のように、正しいアドレスの確認をしてみましょう。

 フェアウェイウッドはシャフトが長いので、ショートアイアンに比べて自分の体とボールの距離は少し遠くにはなりますが、腕は伸ばしすぎずに、余裕を持つこと、しっかりと上体の前傾姿勢を保つこと、に気をつけましょう。



【2】ボールの位置の確認

 フェアウェイウッドはアイアンよりもシャフトが長く、打つ気満々で力が入っていることも多いので、アドレスの前傾姿勢が少し起き上がりやすくなります。

 グリップと腕に力が入ると、腕がピンと伸びすぎてしまいます。伸びすぎると、体からボールの位置が離れてしまいます。

 手(グリップ)の位置は左太もも付近に置き、体からこぶしが1.5から2個が入る程度です。やや窮屈に感じるくらいが、ちょうどいい手の位置と言えるでしょう(図2)。

 その位置を決めるためには素振りが一番!その際の注意点は、打ち出す方向を全く見ないことです。素振りをする時は、ボールは飛んでいきませんから、狙う方向を見ずに、クラブフェースを置いたところにきちんとクラブが戻ってきているかをチェックするのが重要です。



 それでは、GOOD GOLFING!!