【伊勢発】5月15日、京都の葵祭が行われた。平安王朝を髣髴させる雅な祭りだ。この時代とほぼ同じころに始まった祭りがある。伊勢神宮の式年遷宮だ。葵祭ほど知名度はないが、当時から続いている儀式として、重みを感じる。式年遷宮は通常、“遷宮”と呼んでいる。遷宮は20年周期で、完結する祭りだ。だから、人生で3回もしくは4回経験することになる。5回を経験すれば、大変幸せなことだ。今回の遷宮は第62回で、そのクライマックスは2013年10月に行われる“遷御(せんぎょ)”である。伊勢神宮のご神体を旧正殿から新正殿へ移す、夜の儀式だ。そのため、伊勢神宮はご神体の入る御正殿を20年ごとにそっくりそのまま建て替えている。この儀式が1200年ほど前から続いていることに感心する。

▼さて、建て替えのためには膨大な木材と、古式に基づいた宮大工の技術が必要だ。建て替えのための木材は、木曽の御嶽山にある神宮林で育てられた専用の檜を使う。伊勢には内宮、外宮の正宮のほか、別宮、摂社、末社、所管社に属した125のお社があって、“遷御”の儀式以降から、すべての社を順番に新しく建て替える。実に息の長い祭りだ。そのため、伊勢神宮の内宮、外宮ともに神域の一角には大きな製材所があって、宮大工も含めて専門の職員がいる。伊勢神宮を表からみると神職ばかりが目につくが、式年遷宮を1200年も続けることができるのは、こうした事業継続の仕組みがあってこそだ。“遷御”に先駆けて宇治橋が架け替えられる。御正殿に納められる宝物も、そっくり新しくなる。刀も衣服もだ。その職人も1200年前から技術を継続して現在に至っている。

▼伊勢神宮の御神木は、「エンヤ、エンヤ…」の掛け声で動く。御神木は伊勢市民と、事前登録した一般参加者(1日神領民と呼ぶ)が運ぶ。この行事は“御木曳き”といって、20年のうち、2年間だけ行われる。5月12日、この御木曳きに参加した。写真の木材は内宮の棟持柱になる。御木曳きは「おきひき」と読みます。くれぐれも「おきびき」とは読まないで。御木曳きとの出会いは18歳の時だった。次回も参加してみよう。長生き、長生き…。(BCN社長・奥田喜久男)