▽…「コスト削減を実現するストレージ製品を提供する」と話すのはEMCジャパンの高橋俊之・執行役員マーケティング本部長。ユーザー企業は、コスト削減効果が出る製品・サービスを求めている。そんななか、同社はファイルを自動分類して減量できる機能を開発。「EMC Celerra」シリーズに追加した。

▽…「不況や好況にかかわらず、データ量は日を追うごとに増え続けている」。しかも、上場企業は昨年に適用されたJ-SOX法でコンプライアンスに取り組まなければならない。最近は、監査で指摘されているとの声もよく聞く。「1台でコンプライアンスに対応できる」と自信をみせる。


▽…単なるストレージ機器を提供するのではなく、ユーザー企業がデジタル情報を有効活用できるように“情報インフラストラクチャの提供”を標榜する同社。「コスト削減」というキーワードを追加することで一段と事業拡大を図っていく。(佐相彰彦)