本場アメリカのチョップハウス

 ゲームソフト向けミドルウェアソフトなどを手がけるCRI・ミドルウェアの幅朝徳氏のお気に入りの店は、アメリカン・チョップ・ハウスの「beacon(ビーコン)」だ。ステーキやハンバーガーといった本格的なアメリカ料理が味わえる高級店で、「来客とゆっくりランチを楽しめる、シックで落ち着いたお店」と評する。

 アメリカ料理と言えば、厚切りの牛肉をグリルしたり、大きなハンバーガーのイメージが強いが、高級店といえども、このあたりはしっかり踏襲している。それだけでなく「前菜的な位置づけでパンを出してくれて、しかも食べ放題。おいしいからといって、つい口に運ぶとそのあとに出されるステーキやハンバーグ類が食べられなくなってしまう」から要注意だ。さらに、手練れのウエイターによる「高いメニューへの誘導のトーク」も巧みで、気がついたらお腹いっぱいで大満足、されど財布は軽くなるとか。(寶)


東京都渋谷区渋谷1-2-5
03-6418-0077
平均予算:昼2000円程度