上海で開催された「CES Asia 2016」で、ある商材が来場者の注目を集めていた。それは、“スマートギター”だ。

 一見すると、普通のアコースティックギターだが、実はこのギター、スマートフォンとワイヤレス接続して演奏を楽しむことができる。専用アプリを通して登録された楽曲を再生すると、曲の進行具合に合わせて、スマートフォンの画面上に楽譜(Tab譜)が表示される。同時に、ギターと連携し、各フレットに埋め込まれたLEDライトを点滅させることで、どこを押さえれば正しい音が出るのかをリアルタイムで演奏者に教えてくれる仕組みだ。これなら、スムーズに新しい楽曲の演奏を習得することができそうだ。ギター初心者にとっては、うれしい機能といえる。

 このスマートギター「Poputar」は、ベンチャー企業の視感科技が約2年の期間を経て開発。同社は5月に698元からの価格で販売を開始している。

視感科技が開発した「Poputar」