昨日のDaily BCN Bizlineの本コーナーで、本紙若手女性記者の前田が、IT業界で活躍する女性にスポットをあてた『週刊BCN』1634号について紹介しました。実はこの号には、すでにエンタープライズITの世界を離れたOGの方にもご登場いただいています。

 家事代行のシェアリングエコノミーサービス「タスカジ」を運営するブランニュウスタイルの和田幸子・代表取締役CEOは、富士通グループで基幹系の業務アプリケーション事業に開発者、プロダクトマネージャーとして長年携わって経験をおもちです。週刊BCNでも当時、何度か取材させていただきました。

 和田さんが起業してブランニュウスタイルを立ち上げた背景には、実体験として直面した「女性の活躍推進」のハードルを、多くの女性が乗り越えられるように支援するサービスをつくりたいという課題意識がありました。そして、IT業界で培ったスキルを存分にそのサービス構築に発揮していくことになります。いつもの取材とは少し毛色が違いますが、非常におもしろく、納得できるお話をうかがったという印象です。IT業界以後の和田さんのストーリーを、ぜひ読んでみてください。(本多和幸)

【記事はこちら】
ブランニュウスタイル エンタープライズITからシェアリングエコノミーに飛び出した! IT業界で働く女性が「自分の生き方」を手に入れるサポートを
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.7.5」より