スタートアップ企業を紹介する連載コーナーの第8回目に登場いただいたIncrementsは、プログラマ向けの技術情報共有サービス「Qiita」や、チーム内での情報共有ツール「Qiita:Team」などを手がけています。Qiita、Qiita:Teamは、いずれも「いかに書いてもらえるか」にこだわり、実装する機能やデザインの使いやすさを追求しています。

 そんな同社のQiita:Teamが、日本デザイン振興会が主催する「2016年度グッドデザイン賞」を受賞しました。エンジニアでなくても容易に使える操作性や、機能を拡張しながらもシンプルさを損なわないUI設計などが評価されたようです。使いやすさが認められたことで、Incrementsの「チーム開発」支援は加速しそうです。(前田幸慧) 

【記事はこちら】
<イッポまえだのよろしくスタートアップ>(8)Increments 価値を生み出すカギは情報共有
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.10.03」より