交通網が充実している東京で暮らしていると、それがあたり前と感じてしまいがちですが、都心から外れると、交通に不便を感じることが時々あります。特に最寄り駅から目的地までの距離が長く、移動手段としてバスは運行していても本数が少なかったりすると、戸惑うことが少なくありません。

 先日、NTTドコモと、はこだて未来大学発ベンチャーの未来シェアが、両社の技術を活用した「AI運行バス」を実現するモビリティサービスプラットフォームの共同開発を発表しました。このAI運行バスでは、移動需要のある場所、時間、乗車人数を事前にAIで予測し、それに応じて走行ルートや配車数を決めることが可能になるそうです。実用化すれば、都合のよい時間帯や場所で、バスや乗り合いタクシーを使っての移動が可能となります。目的地への到着時間で、気を揉まずにすむかも知れませんね。(前田幸慧)