シンガポールに来ています。今回の出張の目的は、現地に進出した日系ITベンダーの取材。ここ数年、東南アジア地域に進出する日系ITベンダーが増えていますが、実際に事業は順調に伸びているのか、その実態を追うというのが今回の狙いです。

 詳細は本紙にて掲載しますが、ここまでの取材の感触でいえば、意外にも各社はかなり苦戦している様子。とくにSIerに関しては、現地トップが「景気は良くない。これからのビジネスモデルを考え直す必要がある」と口を揃えます。グローバル企業の地域統括会社が集中するシンガポールですが、日系企業に関しては、IT投資が伸びる状況ではないうえ、ベンダー間の競争が激しくなっているようです。取材前は、シンガポールビジネスが盛り上がっていることを想像していただけに、驚きました。現地に赴いてみないと、実際のところはわからないものです。(上海支局 真鍋武)