松藩県電商O2O体験館

 プライベートで訪問したアバ・チベット族チャン族自治州の松藩県。お土産探しに街を散策していたら、民族衣装やヤク(ウシ科の動物)の肉の干物など、現地の特産品を展示・販売している店をみつけた。看板には「松藩県電商O2O体験館」とある。

 ここで展示・販売している商品は、その場でも購入できるし、家に帰った後もECサイト上で気軽に手に入れられる。その意味で、「O2O体験店」と命名したようだ。松藩県では近年、特産物の販売拡大を目指してEC事業に注力している。看板には「2016年四川省電子商務(EC)進農村総合モデル県」との表記もあり、政府肝煎りのプロジェクトということがわかる。

 ただし、残念なことに、体験館のお客は私と家内だけで閑散としていた。2人いるスタッフも、暇だからかスマートフォンで遊んだり、おしゃべりしたりする姿が目立つ。集客の仕組みをしっかり整備しないと、実店舗からECへつなぐO2Oとしての効果は限られる。