中国・上海市に来る前は、本場の中華料理は日本とは味つけが違うと聞いていたので、食事が自分の舌に合うか心配していました。とくに違いが顕著なのはラーメンだといわれ、出発前に日本のラーメンをしっかりと味わってきました。

 しかし、実際に上海で生活してみると、懸念は杞憂に終わりました。中国各地のおいしい麺料理が安く食べられるので、毎日の食事が楽しみになっています。まだ中国語が話せないので、現地のお店では悪戦苦闘していますが、メニューや注文の仕方を覚えながら勉強しています。(齋藤秀平)