「やりたいこと」をやる人生のために

 週刊BCNに何度か登場していただいたfreeeの佐々木大輔代表取締役が初の著書を出版した。freeeを創業する前にグーグルで経験した「時間」に対する概念や考え方を佐々木さんなりのタイムマネジメント術としてまとめたものといえる。タイムマネジメントの目的として、「効率化して生み出した時間で、非効率なことに時間や情熱を注ぐことがゴールだと考えている」と規定。AIで効率化できる部分はどんどん人間からAIに置き換わっていく可能性が高いからこそ、「一見すると『非効率なこと』が、将来的には人間が時間を注ぐ重要な領域になっていく」とみているのだ。本当に「やりたいこと」をやるための人生を手に入れるためのヒントになればという思いを込めた。

 佐々木さんのパーソナルな失敗談や人間くさい感情の動きとどう向き合ってきたかなどのエピソードも散りばめられており、さまざまな立場の人にとって「自分の仕事や生活にどう生かすのか」を考えるヒントになり得る内容になっている。(霹)
 

『「3か月」の使い方で人生は変わる』
佐々木大輔 著
日本実業出版社 刊(1500円+税)