ID・パスワードに代わる本人確認手段として、多要素認証が注目されています。個人情報保護の重要性が高まっている現在においては、自治体をはじめ、機密情報を扱う業界で多要素認証の導入が義務付けられる傾向にあります。

 こうした背景から認証市場も伸びており、多要素認証に関わる製品・サービスを提供しているベンダーにとってはまさに今が商機です。指紋認証に強みを持つディー・ディー・エスは多要素認証に対応する新製品を投入し、新たなビジネスチャンスに期待を示しています。(前田幸慧)