金融業界とエネルギー業界は似ている?

 新興技術が社会に定着するためには、有効なユースケースを発見する役割を誰かが果たさなければならない。AIや量子コンピューター、そしてブロックチェーンなどはまさにそのプロセスの途上にあるといえよう。

 筆者である江田健二氏は、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)で培ったエネルギー業界とITコンサルの知識を生かし、デジタルテクノロジーによる環境問題の解決や循環型社会の構築に取り組むRAULの代表取締役社長を務める。本書ではタイトルどおり、ブロックチェーンがエネルギービジネスに変革を起こす大きな要因になり得ることを指摘。ブロックチェーン活用が先行する金融業界について「金融機関の競争力とは、お金の数値情報をいかに効率的に管理して共有できるか」とした上で、エネルギー業界も類似の特徴を持ち、金融と同様にブロックチェーンとの親和性が高いと説明している。

 PoC段階のものも含め、エネルギー業界でブロックチェーンを活用している国内外の事例を豊富に紹介している。(霹)
 

『ブロックチェーン×エネルギービジネス』
江田健二 著
エネルギーフォーラム 刊(1400円+税)