重厚長大なビッグプロジェクトというのは、なんとも心が躍ります。人類の宇宙進出もそんなビッグプロジェクトといえる一つです。宇宙産業はこれまで政府が中心となって推進されてきましたが、最近になって民間企業の参入が増えてきました。とはいえ、日本の市場は諸外国と比べて大きくはありません。やはり、明確なビジョンが見えない中ではコストをかけられないのかもしれません。

 そんな中、さくらインターネットが積極的に情報発信していた衛星データプラットフォームがついにオープンしました。その発表会で田中邦裕社長が語ったのは「私たちはシステムを開発したのではなく、ユーザーを開発した」ということ。これまでは、企業がロケットを飛ばして宇宙からデータを得られたとしても、それを使うユーザーがあまりいませんでした。企業はロケットの開発と同時にニーズを発掘する必要があったのです。しかし、このプラットフォームにはすでに多くのユーザーがついています。しっかりと利益を出せるプラットフォームができた今、企業の宇宙進出のハードルは大幅に下がったといえるでしょう。(銭君毅)