日系ITベンダーにとって、巨大な中国市場は非常に重要だというのが共通認識です。取材をしていると、中国の現地企業とのビジネスの拡大を目指しているという声を多く聞きます。しかし、言語や商慣習の違いなどで苦戦しているとの意見も少なくありません。外国企業の日系ITベンダーが中国市場に参入するには、高いハードルがあるようです。

 サイボウズの子会社サイボウズ中国は4月24日、上海市でイベントを開催し、中国企業を対象にビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone」の導入を本格化させる方針を示しました。サイボウズ中国は現在、kintoneで1000社以上の顧客を抱えています。ほとんどが日系企業の現状が変化すれば、日系ITベンダーにとって一つの成功事例になりそうです。(上海支局 齋藤秀平)