情報サービス産業協会(JISA)と日本IT団体連盟の政策提言などの活動が、一部被っているという話をちらほら耳にします。日本IT団体連盟は、コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)や、地域の情報サービス業界団体などが加盟していますが、JISAは非加盟。

 この6月にJISA会長に就任した原孝会長は「それぞれの団体が特色を出していければいい」と、引き続き距離をとっていく構え。日本の情報サービス産業を代表する規模の業界団体が事実上、二つある格好です。

 ちなみに、両団体の所轄官庁の経済産業省では、商務情報政策局の「情報産業課」がJISAの窓口となり、同局「情報技術利用促進課」が日本IT団体連盟の窓口となっているとのこと。担当課を分けることで、無用な混乱を避ける配慮があるようです。(安藤章司)