消費税で初めてとなる複数税率が始まりました。税率8%と10%の混在に対応可能なPOSレジや販売管理システムの導入によって、大きな混乱もなくスタート。この「複数税率特需」が一段落したのちは、この複数税率の税額を請求書に明記するインボイス制度に対応しなければなりません。

 2023年10月のインボイス制度の本格スタートまでに、請求書の帳票や関連するシステムの手直し需要が断続的に発生する見込みです。すでにERPパッケージを使っている企業は、通常の制度対応バージョンアップで済む見通しですが、問題はオフコンの流れを汲むような手組みのシステムがまだ動いているケース。

 ERP販売に強いSIerは、インボイス制度をきっかけに古い手組みのシステム、あるいはバージョンアップで対応できない古いパッケージを一掃。新しいERPへの買い替えを提案していくことで、「インボイス特需」をつかんでいくとしています。(安藤章司)