あらゆる業界で人手不足の傾向がある日本ですが、中でも深刻な業界の一つが農業。農業従事者の高齢化や担い手の不足が喫緊の課題となっています。そうした中では、少しでも農作業そのものを見直して効率化していくことも求められてきます。近年は、「スマート農業」や「アグリテック」などと呼ばれ、農業を支援するITソリューションも新しいものがどんどん登場しています。

 農業ITを手掛けるフューチャーグループのTrexEdge(トレックスエッジ)は、農業経営を支援するクラウドサービス「Agrion(アグリオン)」を提供。一つひとつの農作業における働き方を可視化して分析することで、業務の改善を支援しています。(前田幸慧)