事業継続の観点で脅威に備える

 企業経営を脅かす存在の常に上位に入ってくるのがサイバー攻撃。本書では、情報セキュリティに関する45の質問への回答というかたちで、情報リスクを経営者向けに分かりやすく解説している。弁護士で元警察庁技官の北條孝佳氏の編著だ。

 質問項目には「サイバー攻撃はなぜ防げないのか」「人材育成はどうすれば」「被害にあったら何をすればよいのか」――。経営者の切実な疑問が並ぶ。

 本書では、情報セキュリティの事件、事故に遭ったときでも、台風や地震などの災害への対処と同様に、事業を継続できるようあらかじめ計画を立てて、シミュレーションをしておくことを強く推奨している。

 特にサイバー攻撃は外国国家が主導することもあるなど、一企業では技術的、予算的に防ぎきれないケースが少なくない。問題が起きたときに迅速かつ、的確に対処するには、事業継続の観点に立脚した事前の備えが大切だと説く。(寶)
 


『経営者のための情報セキュリティQ&A45』
北條孝佳 編著
日本経済新聞出版社 刊(1800円+税)