ハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場で人気のニュータニックスは、ITインフラを「インビジブル(不可視、意識されない存在)にする」ことを企業ビジョンとして掲げています。オンプレミスで配備する製品でありながら、クラウドサービスのように自動でアップデートされ、ユーザーはバージョンを意識することなく新機能を活用できる――そんな環境の実現を目指すといいます。

 一方で、そのようなコンセプトをIT資産のライフサイクルに持ち込むことを、必ずしも良しとはしないケースがあることもまた事実。先日、NECはマイクロソフトの「Azure Stack HCI」を搭載したHCI新製品を発売しました。

 最大のメリットは、「VMware vSAN」ベースのHCIに比べてソフトウェアのコストを圧縮できることですが、それに加えて、使い慣れたWindows Serverと同じ運用体制を維持できる点も、一部の顧客に向けては大きなアピールポイントになるといいます。

 身近なところでは、ゲームソフトやスマホアプリやに至るまで、今やあらゆるサービスが自動アップデートの時代。しかし、すべてのコントロールをユーザーが掌握しておきたいというニーズが消えることはないのかもしれません。(日高 彰)

【記事はこちら】
NEC Azure Stack HCI搭載の低価格HCIを発売 Windows運用環境を維持可能に
【Key Person】ニュータニックス 代表取締役会長兼CEO ディラージ・パンディ