テレワークの広がりによって、営業活動もリモートで行う企業が増えています。オンライン商談ツールを提供するベルフェイスが4月30日~5月1日にかけて7都府県の企業経営層・営業職を対象に実施した調査によると、52%がオンライン商談を導入していると回答したそうです。

 一方で、リモートで営業を行うにしても、訪問営業と異なるスキルが求められるため、なかなかうまくいかない、という声も聞こえてきます。営業をオンライン化した企業によると、まずはたくさん量をこなして、繰り替えし改善しながら最良の方法を見つけていくことが大事だといいます。オンライン営業について、ベンダー・ユーザー企業双方の取り組みを取材しました。(前田幸慧)

【記事はこちら】
今こそ知りたいオンライン営業 リモートでも成果をあげる方法