NTTデータイントラマート(イントラマート)は7月9日、新型コロナウイルス環境下でテレワーク環境整備に取り組むすべての企業を対象に、intra-martクラウドサービス「Accel-Mart」を活用しデジタル化を推進する「テレワーク応援キャンペーン」を開始すると発表した。

 テレワーク応援キャンペーンでは、ワークフローシステムを搭載した業務改善クラウドサービスのAccel-Martを活用し、紙や人手が必要な業務に対してデジタル化を推進、ペーパーレスと自動化でテレワーク環境のさらなる強化を図る。

 具体的には、クラウド環境の提供により遠隔地からの業務執行環境を短期間に構築。各種文書の電子化、決裁・承認・押印など一連の業務をすべてテレワーク環境で実行・自動化することで、業務効率を大幅に改善する。さらに、テレワークでのコミュニケーション不安をサポートするためのコラボレーションツールも提供する。

 提供価格は月額標準31万8500円から。キャンペーン特典として、利用開始から2カ月分の利用料金を無償提供する。対象期間は、21年3月31日の申込分まで。同社では今年度、テレワーク応援キャンペーンの提供で100社を目指す。