2017年設立のスタートアップ、ナレッジ・マーチャントワークスは、店舗マネジメントツール「はたLuck」を提供しています。多店舗展開する企業向けに、本部から店舗への指示の実行状況を把握したり、店舗スタッフのシフトを管理したりなど、店舗運営に関わるさまざまな機能を備えていることが特徴。また、店舗で働くアルバイトスタッフなどの業務のIT化も支援します。

 多店舗展開する企業にはコロナ禍の影響を受けたところが多い一方で、事業環境の変化によってDXの機運が高まっている側面もあると、同社の染谷剛史代表取締役は話します。同社では顧客からの要望の変化にも対応しながら、ビジネスの一層の拡大を図っていく考えです。(前田幸慧)

【記事はこちら】
<イッポまえだのよろしくスタートアップ セカンドシーズン>(55)ナレッジ・マーチャントワークス 店舗マネジメントをアプリで支援