国内でITビジネスを展開する上で、欠かせないのがパートナーの存在です。ITベンダーに取材すると、異口同音に重要性を説明してくれます。

 SAPジャパンは3月5日のパートナー向けのイベントで、2021年のパートナー戦略を発表しました。同社の担当役員は、「これまで以上にパートナー各社との連携が重要になる」と話しています。

 21年の全社目標で「クラウドカンパニーとしての深化」を掲げている同社は、パートナービジネスのクラウドシフトも推進する方針。顧客の変革を実現するために、パートナーの変革も促す考えです。

 軸になるのは、新しいサービスパッケージ「RISE with SAP」です。パートナービジネスでは、SIの割合が減り、コンサルティングの割合が高まる点がポイントです。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
SAPジャパン パートナービジネスのクラウドシフトを推進 RISE with SAPやインダストリークラウドなどで支援