その他

SAPジャパン パートナービジネスのクラウドシフトを推進 RISE with SAPやインダストリークラウドなどで支援

2021/03/11 16:01

週刊BCN 2021年03月15日vol.1866掲載

 SAPジャパンは3月5日、パートナー向けのイベント「SAP Japan Partner Summit 2021 online」で、2021年のパートナー戦略を発表した。新しいサービスパッケージ「RISE with SAP」や、業種別クラウドソリューションを提供する「インダストリークラウド」の支援などに注力することが柱。全社で進めている「クラウドカンパニーとしての深化」に向け、パートナービジネスのクラウドシフトも推進する方針だ。(齋藤秀平)
 

SIの割合が低下
コンサルが高まる

 同社は、RISE with SAPを「あらゆる業種や規模の企業を対象にしたDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現に最適なコンシェルジュサービス」と位置づけており、コアERPのクラウド移行に向けた軸にする方針を示している。

 パートナービジネスでは、コアERPのS/4HANA Cloudやインフラ、テクニカルマネージドサービスなどをSAPが用意し、それ以外の部分はパートナーが提供する枠組みになる。具体的には、構想や導入、移行、AMOサービスなどをサービスパートナーが担い、拡張ソリューションはソフトウェアパートナーが開発する。再販パートナーには拡販を進めてもらう。

 週刊BCNの取材に応じた同社の大我猛・常務執行役員デジタルエコシステム事業担当は「これまで以上にパートナー各社との連携が重要になる」と語る。しかし、パートナーによっては、ビジネスモデルの変革が必要になる場合がある。
 
大我 猛 常務執行役員

 オンプレミスのビジネスでは、個社ごとのカスタマイズが主流で、カスタマイズに伴うSIもパートナーの収益源につながっていた。一方、RISE with SAPのビジネスについて、大我常務は「われわれがソフトウェアなどを提供し、それを活用してパートナーがお客様に導入や定着を進める。そういう観点では、今までのモデルからは大きく変わらない」としつつ、「SIの部分が減り、コンサルティングの割合が大きくなる」と説明する。

 さらに、「クラウド環境は継続的なバージョンアップが前提になっているため、オンプレミスのように個社向けにコアERPをカスタマイズすることは難しい」として、既存パートナーにマインドチェンジを促す。「ビジネスプロセスを見直したり、変革を促したりすることが重要になる。S/4HANA Cloudを活用し価値を出していく部分もパートナーのビジネスになる」と話す。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

SAPジャパン コアERPのクラウド化を本格推進 「RISE with SAP」を軸に変革を支援

SAPジャパンと大阪府 ソフトウェア企業初の包括連携協定 産業振興など8分野で協力

<New Year Special Intervew 3>顧客に満足してもらえるクラウドカンパニーに デジタル化やDXの波は止まらない

外部リンク

SAP=https://www.sap.com/japan/