ブームは一足のスニーカーから

 ナイキの「エアマックス95」といえば社会現象を巻き起こしたスニーカーとして有名だ。1足10万円超で売買され、同スニーカーを履いている人を襲撃し強奪する「エアマックス狩り」が深刻な課題になるなど、世間のスニーカーへの認識を大きく変化させ、プレミアスニーカーとして地位を確立した。近年、販売されている復刻版も人気だ。
 

 本書は、ファッション誌で長年スニーカー関連の記事を手掛けた小澤匡行氏がエアマックス95を中心にスニーカーの歴史を解説。ナイキがデザインを大幅に変化させたことで「この新作は売れないかもしれない」と感じたバイヤーが仕入れを控えた。そして流通数が極端に少なかった、インターネットがまだ普及していない時代に人気芸能人がTVCMで履いたことで当時の若者に大きなインパクトを与えたなどエアマックス95のブームの背景を紹介している。

 また、現在は第三次スニーカーブームと言われるほどスニーカー人気が再燃している。人気商品は発売と同時に完売。その後、インターネット上で定価の何倍もの価格で転売されるなど、スニーカーは投資の対象に変化している。本書では95年と現在のブームの共通点や違いを、長年市場を見てきた著者の視点で深堀する。

 難しい内容ではないので、気分転換に読むのに丁度良い内容となっている。私のように95年のブームを経験した世代はもちろんだが、身近なスニーカーを通して社会の変化を感じることができるため多くの人に読んでほしい一冊だ。(帆)


『1995年のエア マックス』
小澤 匡行 著
中央公論新社 刊(900円+税)