キングソフトは、クラウドウイルススキャン技術を搭載した統合セキュリティソフトの新バージョン「KINGSOFT InternetSecurity 2011(32bit/64bit版)」を、7月8日に発売した。

 新バージョンに搭載した「クラウドウイルススキャン」は、最新ウイルスの特徴や情報をクラウド側のデータベースに集積し、クライアントPCからリアルタイムにアクセスすることで安全性を解析する技術。キングソフトのデータベースは、1日あたり約30万個の未知ファイルを収集しているが、それに対して20種類以上の分析方法を開発することで、95%の未知ファイルの安全性をわずか1分以内で解析可能となる。

 さらに、ユーザーが遭遇する可能性の高いウイルスやマルウェアの情報をローカルのパターンファイルとして保持することで、クラウドとローカルのダブル防御体制でパソコンを保護する。多くのユーザーが使用しているソフトウェアについては、ホワイトリストを作成し、スキャン対象から除外する。

 「クラウドウイルススキャン」は、クラウド側の膨大な最新ウイルス情報にリアルタイムでアクセスするため、パターンファイルを定期的に更新する必要がなくなる。これにより、更新のタイミングにかかわらず、最新のウイルスを見逃すことなく駆除できる。

 価格は、広告付き製品については32bit版(アンチウイルス、ファイアウォール、セキュリティケア)、64bit版(アンチウイルス)ともに完全無料で提供する。広告なし製品は、32bit版、64bit版ともに、1年更新版が980円、無期限版が1980円となる。

KINGSOFT InternetSecurity 2011のロゴ