カウネット(勝村真信社長)は、iPad専用のデジタルカタログアプリを開発し、10月上旬にサービスを開始する。2010年8月16日発刊の「カウネット第20号カタログ」の掲載商品を購入できるようにする。

 文字や画像拡大などのiPadの機能を活用し、紙カタログの閲覧性とデジタルカタログの操作性を融合した業界初の取り組み。利便性の高い新たな媒体づくりを目指す。

 掲載するのは「カウネット第20号カタログ」全1180ページで、文具・事務用品、OA・電化製品、飲料・食品・生活用品など、約2万9400品番。カウネットのウェブサイトと連携することで、商品の購入ができる。iPad上でページをめくる感覚で操作しながら、商品を探して購入できる。