国内で日立製作所や富士通、NECが提供する国産ウェブアプリケーション(AP)サーバーが台頭してきた。企業システムは、既存のIT資産やデータなどを生かし、ウェブベースで新機能を付加できるSOA(サービス指向アーキテクチャ)環境に移行。各業務システムのハブとして重要なAPサーバーに互換性や拡張性などを求めている。こうしたニーズなどに応えるうえで、「外資系ベンダー製品やOSS(オープンソースソフトウェア)製品は扱いづらい」との声をSIerから聞かされる機会が増えたと、国産各社は口を揃える。国産各社は、4-6月に発売した新APサーバーでSOA関連の機能を強化。APサーバー市場上位の外資系やOSSの製品を自社APサーバーにリプレースすることで、シェアを拡大できると見ている。