NI(ネットワークインテグレーション)を事業柱に置くベンダー(NIer)がSI案件の獲得に乗り出した。もはやネットワーク機器の販売だけでは生き残れない状況のなか、各社ともビジネス領域の拡大によって起死回生を図る。これまで“下請け”感が強かったネットワークインフラの構築ビジネスにSIを加えることで主導権を握ることが最大の狙いだ。