その他

ITHDグループの中国ビジネス 業種戦略で拡大期へ 金融や製造で確かな手応え

2010/10/14 21:07

週刊BCN 2010年10月11日vol.1353掲載

【上海・西安発】ITホールディングス(ITHD、岡本晋社長)グループの中国ビジネスが拡大期に差しかかろうとしている。金融や製造、流通の主要業種に対応するグループ各社のフォーメーションやデータセンター(DC)を活用したITアウトソーシング、大型案件に対応可能な開発体制の整備を急ピッチで進めている。とりわけ、グループ中核事業会社の1社であるTISは、得意とするクレジットカードをはじめとするノンバンク向けSIで攻勢をかける。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

ITホールディングス 多様性重視、シェア狙う クラウド/SaaSの基本戦略に

ITホールディングスのTISとソラン、ユーフィットが合併へ

ITホールディングス、クラウドテレフォニー事業立ち上げへ

ITホールディングス、電話とウェブが融合したクラウドサービス開始へ

ITHD、ソランを傘下に、TOBで完全子会化目指す、年商4000億円規模へ