台湾と中国が2010年に、財貨貿易やサービス貿易、早期の市場開放などの諸分野で、積極的に交渉を進めることを目的とした「両岸経済協力枠組協定(ECFA)」を締結したのを機に、台湾のIT産業に注目が集まってきた。台湾のITベンダーの中国ビジネスに関するノウハウと日本のITベンダーの技術/管理力を組み合わせるかたちで中国市場へ進出する動きが広がってきている。