主要コンピュータメーカーの系列システムインテグレータ(SIer)が、海外進出に本気になり始めた。日本のIT市場は中期的にみて成長が見込めない。その状況を鑑みて、海外市場に活路を見出そうとする流れが顕著になってきた。親会社(コンピュータメーカー)の強力なバックアップのもとにビジネスを展開してきたメーカー系SIerは、その後ろ盾がない独立系SIerに比べて、国内でのITビジネスが安定していた。それゆえに、海外へのチャレンジ意識が薄く、進出に消極的だった。だが、中期的事業戦略を立案するなかで、海外を無視できないと判断し、挑戦する意思を固めている。(木村剛士)