「丸ドメ」からグローバルへ──。住商情報システム(SCS)とCSKが2月24日に経営統合を発表し、10月1日付で新会社「SCSK」が誕生する。単純合算で約2900億円の売上高をもつ。ともに「三番手」として位置づけられていたSIerが「二番手」グループに加わる。これまでは、いわゆる「丸ドメ(丸っきりドメスティック=国内市場限定)」だったという両社。住友商事のグローバル拠点を生かして、日本企業の海外展開のサポートから第一歩を踏み出すという。