ウェブ会議システムの市場は、右肩上がりの成長が続いている。とくにSaaS型のシステムが伸びている。機能面では成熟しつつあり、差異化が難しくなってきた状況で、主要ベンダーはモバイルやSaaS対応、ユニファイドコミュニケーション(UC)事業、ハイビジョン(HD)化などを推し進めている。国内だけでなく、海外に目を向ける国産ベンダーも登場しており、買収や提携が活発化していく可能性がある。(文/信澤健太)