日本マイクロソフト(樋口泰行社長)が、今年度(2012年6月期)から新たな体制で中堅・中小企業(SMB)向けの営業を開始した。新設した「SMB営業統括本部」にSMB向け営業を担当するスタッフを集約。傘下の組織を五つに分け、日本マイクロソフト製品を再販する地方のITベンダー(パートナー)と、SMBへの販売力が強い有力ITベンダーを、従来以上に手厚く支援する布陣を敷いた。この体制で、ソフトのライセンスとパッケージに加え、今年度からは本腰を入れてクラウドサービスも拡販する。統括本部の人員は総勢38人。マイケル・ダイクス業務執行役員SMB営業統括本部長が指揮を執る。(木村剛士)