その他

日商エレクトロニクス 石狩DCの500ラックを自社事業として販売 双日グループ内の連携を緊密に

2011/12/22 21:07

週刊BCN 2011年12月19日vol.1412掲載

 双日グループに属するICT(情報通信技術)ベンダーの日商エレクトロニクス(日商エレ、瓦谷晋一社長)は、グループ会社であるさくらインターネットが2011年11月、北海道石狩市に開設した「石狩データセンター(DC)」の一部の販売を、自社ビジネスとして手がける。これは、グループ会社間の相乗効果を図り、日商エレが今年10月に開始したばかりのDC事業の拡大を目指した取り組みであると同時に、最大4000ラックを構築可能という巨大な石狩DCのスペースを早期に埋めることを狙った取り組みでもある。(ゼンフ ミシャ)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

日商エレクトロニクス 社長 瓦谷晋一

さくらインターネット、石狩DCでの実運用に向けたHVDC給電システムの評価検証、総合効率90.394%を達成

さくらインターネット 「クラウドEXPO」で石狩DCをアピール コンセプトは「郊外」「大規模」「環境配慮」