データ復旧ビジネスが拡大している。復旧依頼件数ベースで2011年は2ケタ近く伸び、今年も同様の高い増加率の見込みだ。クラスタ構成をはじめとする多重化や、遠隔地へのバックアップ技術の進展で、データは相対的に失われにくくなっているものの、データの絶対量が増えていることが背景にある。さらに、東日本大震災では被災地を中心に大量のシステム障害が発生。これまでのおよそ1年、震災対応を通じた新しい復旧技術の獲得という副次的効果も生まれている。データ復旧への認知度向上と相まってより一段のビジネス拡大に期待が高まっている。(安藤章司)