ここ数年、日本のITベンダーが経済成長著しい中国への進出を加速させている。しかし、現段階で目立った成果を挙げているITベンダーは少ない。中国固有のビジネス文化や折衝術などを体得していないので、事業を有利に進めることができないからだ。中国語のeラーニングサービス事業を手がけ、中国の政府や企業との折衝経験が豊富なWEICの内山雄輝社長に、中国進出の手ほどきをしていただいた。(聞き手・『週刊BCN』編集長谷畑良胤)